×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



美容整形の豊胸術は大きく分けて<バッグ挿入法>と<脂肪注入法>の2種類。

美容整形の豊胸術の種類は<バッグ挿入法豊胸術>と<脂肪注入法豊胸術>に大別され、それぞれに特徴、メリット・デメリットがあります。大きさを自由に選びたい人なら<バッグ挿入法豊胸術>。胸のボリュームを出したい方に向いていますが、脇の下に数・の傷痕が残ること(目立たないよう配慮されます)と、豊胸術後にマッサージが必要となります。<脂肪吸引法豊胸術>は自分の体の余分な脂肪をバストに注入する方法で、人工的なものに抵抗がある方にお勧めの豊胸術です。痩身が同時にできるということでも人気がある豊胸術ですが、時間の経過と共に入れた脂肪が吸収等されるため、個人差もありますが豊胸手術直後のサイズの半分から三分の1程度になります。
それぞれのメリット・デメリットを充分に理解した上で、自分にあった豊胸術を選びたいですね。

美容整形界で注目の豊胸術〜脂肪幹細胞注入法ってどんな方法?

美容整形の豊胸術の中でも、自分の太っている部分の脂肪で自分のバストを豊かにしてしまう、まさに一石二鳥の豊胸術として人気が高かった『脂肪注入法豊胸術』。さらにその上を行くのが、美容整形界で今注目の『脂肪幹細胞注入法豊胸術』です。従来の脂肪注入法豊胸術も自然派志向の方に支持されていましたが「注入した脂肪が時間と共に代謝・吸収され、入れた分の20〜30%しか残らない」というのが難点の豊胸術でした。それが脂肪幹細胞注入法豊胸術だと、約2倍の定着率になります。また、これにプラス、豊胸術後に脂肪細胞成長剤を使って脂肪定着率をさらにアップさせる『スーパー脂肪幹細胞注入法豊胸術』や、1回で2カップアップを実現した『MAX脂肪幹細胞注入法豊胸術』なる方法もあるんだとか。これだとこれまでの倍の800・以上の脂肪を採取するので、バストが大きくなるだけでなく、痩身効果もグッとアップ。

★★>>[豊胸]を考えているあなたにお役立ちの商品はこちら

気になる商品情報を検索


[ナイスな情報]

豊胸手術はしてみたいけど、美容整形はいろいろ心配・・というあなたに。

美容整形、豊胸手術でもいいから胸を大きくしたい、授乳で崩れたラインを元通りにしたい・・等々、バストの悩みはつきませんよね。でも、思い切って豊胸手術してみたいけど、豊胸手術後のことが気になって迷ってる方も多いはず。例えば、将来赤ちゃんを産んで授乳に差し支えはないか?豊胸手術は乳腺組織を傷つけないように行われますので、ちゃんと授乳できます(ただ現在授乳中の方は、断乳後に)。また最近は「豊胸しても乳ガンの検査に支障はないか?」と心配される方が多いようですが、マンモグラフィー等の検査も問題なく受けられます。でも、できれば検査の前に医師に申告しておいた方がベターですね。豊胸手術のことは絶対に内緒にしたいのでと伝えておけば、守秘義務もありますのできちんと対応してくれますよ。

★★>>話題のバストアップお役立ちのサプリはこちら


spacer.gif
Copyright © 2008-2011 美容整形の安心豊胸術
  • seo